第59回NHK杯将棋トーナメント準々決勝第4局・山崎隆之七段対羽生善治名人

録画してあったNHK杯を見る。今日は朝から津波情報が画面に被さっていて、先手山崎隆之七段の居飛車付近がすごく見づらい。これは困った (日記にも書きました:TVの津波情報のL字表示とNHKオンデマンド)。

戦型は相掛かり後手羽生善治名人8五飛型。なのに△7五歩。面白い。解説の内藤國雄九段の話もいいね。うまく矢内理絵子女王に話を振っている。予測が外れまくるのも良い。現代将棋って感じがする。

その後、双方居玉のまま力戦の展開。大駒が行ったり来たり。見てる分には面白いけど、こういう将棋は神経使いそうで、自分では指したくはないなあ。

徐々に羽生名人が押す形で勝ち。流石すぎる。
今週見逃した方はNHKオンデマンドの見逃し番組で視聴できます。315円。来週は、渡辺明竜王対糸谷哲郎5段。これも楽しみ。