最近の課題: 飛先不突右四間と4手目3二金戦法

最近どうも勝率が悪い。24のレートも一時期の半分しかないし、久々に天下一将棋会を指しても1勝5敗でへろへろである。で、つらつらと考えるに、特定の戦法に対しての勝率が悪い上に、なぜか相手がその戦法を使う割合が増えてるみたい。流行があるんだろうか。

まずは飛先不突右四間。左図のように居飛車なのに飛先を突かず、早々と右銀を上がる。



そのまま普通の四間飛車のように駒組みすると、左図のようになるが、この時点で苦しい感じがする。

いろいろ変化はあって、例えば7七角を上がってると7三桂~8五桂と角を狙われる。



藤井猛九段の四間飛車の急所〈1〉では、8八角・7九銀で待って相手の出方を見て対応、らしいですが…研究が必要。
ぐぐった感じでは、6二銀に対して2六歩と居飛車にするのが良いらしいが。居飛車勉強するかなあ…




もう一つが3二金。これが意外に厳しい。3二金戦法(白砂青松の将棋研究室)にもあるけど、厚みで4筋を押されて負けたり、ここから右四間されて負けたり…
2手目3ニ金はどうすれば咎められるか?(2ch)なんてスレもあるので、みんな苦戦してるのだろうか。



コメント

  1. keima3 より:


    右四間には角あがらずに待機で正解かと思われる。
    32金には中飛車が有力と思われる。タイトル戦でもでたと
    思う。羽生谷川戦で谷川プロの圧勝だったと記憶している。

    棋譜でーたべーすで調べてみるといいかもね^^