コンピュータ将棋対局場 floodgate に参加する方法

あまり知られてないけど、コンピュータ将棋開発者向けにfloodgateというコンピュータ将棋用の対局場があり、そこでは多くのコンピュータ将棋プログラムが24時間覇を競っている。第22回世界コンピュータ将棋選手権が近いこともあって、対局履歴を見ると10以上のプログラムが参加している。


floodgateはコンピュータ将棋開発者向けの対局場だけど、人間も参加して構わない。というか歓迎されている。「持時間が少なすぎるかと思いますが、人間の方の参加も歓迎します。名前に _human を含めていただけると分かりやすいです」と書かれているし。コンピュータ同士では出てこない問題点の洗い出しができるからだろう。米長永世棋聖を倒して有名になったボンクラーズも、将棋倶楽部24の対局で入玉に弱い点や定跡の問題(角換わり同形富岡新手)などを洗い出している。

さて、人間がfloodgateで対局するにはいくつかの方法がある。ここでは一番お手軽なflashを使ったブラウザ対局を紹介する。

まず、準備すること:

  • id (login name)を決める。何でもいいけど人間の場合は _human を後ろにつけることが推奨されている。zu_human とか。_human をつけると手加減してくれるソフトもあるらしい。
  • tripを決める。これは適当で構わないが、tripが変わるとレーティングが引き継がれないので、idともども覚えておくこと。パスワードとして、 floodgate-900-0,trip の形で入力するので、メモ帳か何かに書いてコピペしたほうがいいと思う。
  • 事前登録は不要。24のゲストアカウントみたいな感じ。
  • floodgateの標準は持ち時間15分切れ負け。ノータイムで指しても1秒カウントされる。
  • 対局は毎時0分と30分に一斉に開始。

上記を準備したら、コンピュータ将棋対局場のお知らせにある人間用フラッシュ クライアントをクリックする。
すると左の画面がでてくるので、idとtrip(floodgate-900-0,XXXX)を入力し login を押す。



最初は yowai_gps と対局するといい。25分切れ負けの設定になっているし、開始時刻の縛りもないのでいつでも対局できる。また他のソフトとは「自動手合い」なので申し込んでもそのソフトと対戦できるとは限らないからだ。
yowaiと書かれていても、元になったソフトが第19回世界コンピュータ将棋選手権優勝のGPSなので、かなり強い。少なくとも私では歯が立たない。


相手を選択して、Challenge を押すと対局が始まる。操作方法は81dojoとほぼ同じだ。ただ英語表記なので、ちょっとわかりにくいかも。投了は Resign。対局画面を閉じるときはCloseを押す。

慣れてきたら他のソフトにもChallengeするといいだろう。

ここでは手軽なブラウザでの挑戦方法を書いたけど、他のソフトを使ってもfloodgateで対局可能だし、実はそちらが便利。将棋所を使う方法を簡単に書いておく。

  • 将棋GUIソフト「将棋所」のページからダウンロード、インストールする。
  • 対局→サーバー通信対局(floodgate)
  • id(zu_human等)、パスワードに floodgate-900-0,trip を指定。id,tripは前述のように自分で決めておくこと。
  • OKを押して0分か30分になるまで待つ

将棋ソフトのページには、他にも「floodgate観戦室」があり、コンピュータ同士の対局を観戦することができる。

リンク: