門倉四段の新連載「角交換四間三ツ星ガイド」 週刊将棋1月9日号から

第71期順位戦C級2組8回戦でも初手7八飛から快勝した門倉四段。昨日、Twitter上で週刊将棋に隔週連載すると発言されていました。


さっそく週刊将棋ネット新聞を見ると、門倉四段の連載タイトルがありました。

【新連載】
角交換四間三ツ星ガイド…門倉四段が新しい振り飛車を解説
王将戦激闘史…歴史刻んだ王将戦を第1期から振り返る
B級戦法で行こう!…美馬アマが実戦に役立つ戦法を紹介

週刊将棋ネット新聞(01月09日号)


角交換四間飛車党としては見逃せない連載ですので、さっそく電子版入手。当地では週刊将棋は駅売りしていない(売ってない)ので、電子版でなければできない芸当です。


門倉四段の連載は、漫画「笑えゼッフィーロ」の上に半ページありました。連載の定位置ですね。初回は角道を止めない四間飛車の基本である、居飛車からの飛車先交換対策でした。

7六歩3四歩6八飛8四歩のときに角交換するという手も載っていて、初心者にも気を遣って書かれている感じです。欲を言えば、初回の指し手のそれぞれの変化も詳しく書いて欲しいところですが、それだと序盤の序盤だけで半年ぐらいかかっちゃいますね(^^;

基本的な部分は、以前の記事( 角交換四間飛車を指しこなすための本)にある本で勉強して、新しい変化だけチェックするのがいいかな?