ぴよ将棋を使って将棋観戦(iPhone,Android)

将棋の棋譜中継サイトの多くは表示に Adobe Flash か Java を必要とするのだが、スマホ(iPhone,Android)は Frash をサポートしていない。
セキュリティ面での問題もあるのでサポートしないのも無理はないと思うのだが、棋譜中継が見れないのは不便だ。

過去に無理やり棋譜中継を見る方法の記事を書いたこともあるが、操作が不便なこともあり、結局常用するには至っていない。

ぴよ将棋で棋譜が見れる

棋譜中継サイトの多くはKifファイルを Flash で表示しているだけなので、大元のKifファイルを読み込んで盤面表示ができれば良い。Kifu for iPhoneでの表示はそれを利用したものだが、Kifファイルの場所を探してCopy&Pasteするのが面倒臭い。その面倒臭さを解決したのがぴよ将棋だ。

20161006-piyo-1

かわいい顔して使えるアプリである


観戦方法

iPhone/Android どちらも操作は同じです。

トップメニューから棋譜中継を選びます。

20161006-piyo-2

ブラウザに移動しますので、観戦したい対局を選択。

20161006-piyo-3

ぴよ将棋に戻る(開く)を選択。

20161006-piyo-6

ぴよ将棋に戻り、棋譜が表示されます。

20161006-piyo-7

その他の機能

対局・棋譜解析もできるし、棋譜をファイル共有サービス(iCloud,DropBox,GoogleDrive)経由でPC/Macと共有できる。恐ろしく多機能なアプリです。

研究したい局面・棋譜をPCで作成し出先で検討するなど、色々な使い方ができると思います。

懸念

下記スクリーンショットは今回例にした王座戦の棋譜中継画面です。棋譜の上下に広告が入っているのが見えると思います。

20161006-piyo-5

ぴよ将棋で棋譜を閲覧した場合はこれらの広告は表示されないので、棋譜中継サイトが得られるはずであった広告収入が無くなってしまうと思われます。
(ぴよ将棋で表示される広告はぴよ将棋アプリの広告です)

これは直接Kifファイルが見えてしまう中継サイトでは発生しうる問題で、これをどうするかは今後の課題だと思います。
銀河戦やNHK杯のように独自形式を採用すれば Kifファイルの横取り問題は発生しませんが、それは非常に不便なので困るんだよなあ。