沖縄の将棋の歴史一覧

1966年7月 大山名人の沖縄日記 (第二回全国高校囲碁・将棋選手権大会沖縄予選)

前回記事※1にて1986年に大山名人が来沖していたことを書きました。大山名人は琉球大学将棋研究クラブの会誌である「将棋研究」創刊号※2の記事...

記事を読む

1986年2月 大山名人と将棋の旅(船で沖縄)

オキナワグラフ2017年8月号にて沖縄将棋連合会会長のインタビュー記事が載っているとの情報がぷりうすさんのブログに掲載されていました。このオ...

記事を読む

沖縄最初の将棋大会(1959年)その後

「沖縄最初の将棋大会(1959年)」に書いたように、沖縄最初の将棋大会は1959年4月に国際通りのレストラン東海道にて行われました。第二回も...

記事を読む

将棋研究創刊号(1969年)

「将棋研究」は琉球大学将棋研究クラブの会誌である。1969年の創刊号が沖縄県立図書館に保存されていて、誰でも閲覧することができる。これが中々...

記事を読む

沖縄最初の将棋大会(1959年)

沖縄タイムス社の「沖縄大百科事典」(1983年)の将棋の項目には以下のように書かれている。琉球新報・沖縄タイムスの新聞紙面に将棋欄ができたの...

記事を読む

将棋を指す少年の動画 (糸満大綱引・1960年代)

琉球王国時代の沖縄では盤上遊戯としては囲碁が大いに遊ばれていて、伝統将棋である象棋チュンジーも普及していた。 日本将棋人口が増加するのは復...

記事を読む