相振りが多い最近の将棋倶楽部24(三間飛車指してみました)

最近ちょっと調子がいい。特に何かやっているわけでもなくて、録画見たり詰将棋解いたりしているだけなのだが。あ、天下一将棋会やってるか。でも、それで上手くなるとも思えんしなあ。
400点超えが当面の目標。



さて、もっぱら四間飛車ばかり指してたのですが、気分転換に三間飛車や中飛車にも手を出しています。本譜は居飛車対三間飛車になった一戦。角交換のあと先手が飛先不突きで駒組みしてきました。これ何狙いなんだろう? 4六歩を突かれて、次の4七銀が上がると面倒なので先に3六歩を突いてみました。


無理攻めが祟って、角桂損になりそうな局面。ただ、玉形はこちらが優勢なので、飛車交換して攻めてみることにしました。このあと▲2四飛△同歩▲5九金に△2八飛と王手。▲6八金に△3八歩成と と金を作ってなんとかなるかなあという形勢。
(追記:2四飛7七角成同玉2四歩のほうが良かったですね。これはひどい)


こちらは平美濃で横からの攻めには強いので、相手は上から攻めてきました。▲5六角と打たれたところで、△6五桂。王手をかけてみました。もし角を切ってくれたら8八角で詰み筋だろうと。


その後▲同角△同銀▲8三桂成△同銀▲同香△同玉で▲6一龍 (図)。後手玉はこれで詰めろですが、先手は詰んでます。△8八角▲8六玉△8五歩▲7五玉△7四銀まで。
相変わらず、終盤だけで勝ってます。三間飛車での攻め方に課題が残る一局でした。