将棋倶楽部24の小技1: 対局者が居なくなったあとでも、チャットを続行

将棋倶楽部24には多くの機能があり、うまく使えばかなり便利な機能もあります。そのような機能の活用方法のいくつかを紹介したいと思います。



将棋倶楽部24を観戦中に 観戦者同士でチャットを行うことができますが、「対局者が二人とも去る」と、それ以上発言ができなくなってしまいます。たぶん、無用なトラブルを避けるために このように制限されていると思うのですが、連絡したかったことを言い忘れてしまった場合などには ちょっと困ってしまいます。そういうときの小技です。


まず、画面右下の「観戦者」ボタンを押します。観戦者ウィンドウが開きます。


観戦者ウィンドウで、チャットを継続したい相手の名前をダブルクリックします。
すると、名前の先頭に「=&=」が付きます。確認したら、観戦者ウィンドウを閉じます。


すると、もとの画面のチャット発言欄の横で「誰に対して発言するか」が選択できるようになります。ここで、連絡したい相手を選んで発言すればチャットが継続できます。

本来は、みんなに対してではなく「こっそり」チャットをする機能(直通機能)なのですが、なぜか対局者が居なくなっても使えます。うまく活用すると便利だと思います。

将棋倶楽部24の小技でした。

追記: うまくいかないときがあるみたい。ちょっと調べます。
追記2: んー。大抵うまくいくけど、ダメなときもあるなあ。なんでだ。


コメント

  1. Rock-tail より:


    さっそく明示していただきありがとうございます。