Brainkingからki2形式への将棋棋譜変換を作ってみました

シェアする


以前、「iPhoneの もう一つのオンライン対戦型将棋アプリ Boardz」で紹介した Boardzの のんびり感が良い感じで結構はまってます。時間制限がないので空いた時間を有効活用できるし、秒読みに焦らなくていいのが良いところ。
(Boardz、いつの間にか日本のiTunesストアからは買えなくなってる。残念)



ただ、Boardzでは、同時に対戦できるのが原則として5つまでで、ちょっと少ないのです。で、ぐるぐるしてて見つけたのがBrainking。脳王、なのかな。いろいろなゲームが遊べるサイトです。



ここで指すと棋譜が残るんですが、これがチェスっぽい形式で激指だとか柿木だとかに食わせられないんですよね。ちょっと悔しいので簡単な変換CGIを作りました。適当に作ってるんで、変換エラーになる場合もありますが、ご容赦ください。

いろいろ変なところがあると思いますので、コメントかtwitterでご指摘いただけると幸いです。

Tips: Brainkingの将棋盤を日本語にする場合は、入会後にProfile->Settings->Game Settings->shogiから、駒を選んでください。