最近の対局から終盤の寄せの話(7手詰めが見えるか?)

シェアする


最近の対局から、四間飛車対居飛車の終盤戦。記憶で書いているので、間違ってるところもあるかもしれませんが、だいたいこんな感じ。こちらの玉はまだまだ詰まないので、3六桂と打って退路を塞いだら、4二銀と受けてこられたところです。
(激指定跡道場で解析したら、3六桂の時点で勝勢のようでした)。




実戦では、このあと龍を切って4二龍同玉のあと5一角。そこから3二玉4一銀3一玉3二金まで7手詰でした。一直線なのでわかりやすい詰めです。5一角が見えたのは詰将棋のおかげ。


最初の図で3五歩とされたら詰みが見えなくて困っていたところでした。激指定跡道場によるとそれでも7手詰で4二角3四玉2四金同歩同角成4五玉4六金までです。なるほど。4二角が見えれば一直線かな。