いまどき、ノータイム指しなんて流行らないよね?

シェアする

きのあ将棋さんのページにこんな記事を見つけました。「将棋にて、コンピューターの思考時間と人間の振る舞いの実験のまとめ | きのあ将棋」。

この記事によると、「コンピューターが少し待ってから、指すことで若干ではあるがユーザーの勝率の向上の可能性が確認されました。早く指すほうが重宝された時代(昔の思考時間が長いソフトが多い時)とちがい、コンピューターが少し待ってから、指すほうが、ユーザーに優しい可能性が確認されました」とのこと。


そうだよね。ソフトと指すとノータイム指しに釣られておかしくなる気がするもん。「こんな将棋ソフトが欲しい」にも書いたけど、市販ソフトにも「嘘でもいいからランダムに5秒ぐらい考えるオプションが欲しい」と思います。

この実験は2011/12/09~2011/12/28に行われたそうですが、もしかして私の記事(11/06)を見てもらえたのかな? もしそうなら嬉しい。



コメント

  1. 政経ネット より:

    コンピュータが少し待ってくれると、勝率が上がるというのは興味深い。
    常にノータイムで指すと、相手が間違えてくれるわけだ。
    でも、自分がノータイムで指すと、もっと間違えそう。