将棋ビデオが見れない問題のメモ

シェアする

追記:将棋ビデオは既にサービスを終了していますが、参考になる方がいるかもしれないので記事は残しておきます。

前回記事「将棋ビデオは2014年3月末にサービス終了。来春新サービス開始」にて書いた「新規マシンで視聴できない」問題ですが、試聴できる方法が見つかったのでメモ。かなり面倒だし、既に視聴できている環境が必要です。本来は将棋ビデオ側が対策すべきだと思う。

ところが、視聴用マシンのOSを Windows8.1 に変更したら さっぱり繋がらない。「ACQULIAプレイヤー ダウンロードページ」でも Vista までしか対応していないので、8.1で繋がらないのは仕方ないのですが、仮想マシン(VMware)上の WindowsXP でも、MacOS 10.9.1 でも視聴できない。ノートPCに唯一残ってる WindowsXP だけが視聴可能な状態になってしまいました。

何がまずいのか

以下、WindowsXPなどで新規に将棋ビデオを視聴しようとして問題になる点です。

  • 視聴用のActiveXプラグインがインストールされない
  • 入手できるActiveXプラグインのバージョンが古い

なぜ ActiveX プラグインがインストールされないのか

本来は最初の視聴時にプラグインがインストールされるはずなのですが、インストール用の Javascript を配布しているサーバー(san.pod.tv)が いつの間にか消えています。
現在は sanstream.co.jp というところが開発元のようなので、サーバー移行か何かでおかしくなったのかもしれません。

過去の将棋ビデオの試聴ページが archive.org にあり、そこから登録はできました。

入手できるActiveXプラグインのバージョンが古い

将棋ビデオの視聴には最新版?である SANSTREAM ACQULIA 2.0.3.18 が必要なようです。

ACQULIAプレイヤー ダウンロードページで入手できるのは 2.0.3.14 なのですが、インストール用Javascriptがプラグインのバージョンを比較して自動更新していたようです。それが san.pod.tv 消滅と共に更新できなくなったために、視聴ができなくなっている模様。
sanstream.co.jp から入手できるのはさらに古い 2.0.3.9 )

いろいろ調べてみたのですが入手できる場所は見つけきれませんでした。仕方がないので、動いている環境から必要なファイル(AcqVPlayerX.ocx)を拾ってきました。
(エロ動画配信サイトでも使われてるっぽいのですが、さすがにそこは調べてない…)

  • AcqVPlayerX.ocx の時刻が 2009/04/23 17:51(動かない)
  • AcqVPlayerX.ocx の時刻が 2009/06/16 16:52(動く)

旧版のAcqPlayerをインストール後、新しい版の OCX をcmd.exe から登録すれば視聴できました (Regsvr32.exe AcqVPlayerX.ocx)。

動かすまでの手順

イレギュラーなことをしていますので、理解できる方のみ自己責任でお願いします。

  • 動くバージョンの AcqVPlayerX.ocx を用意する (これが一番困難)
  • (新しめのIEの場合、互換設定に www.shogivideo.tv と www.archive.org を指定)
  • 将棋ビデオのACQULIAプレイヤー ダウンロードページからプレイヤーをインストール
  • IEにて archive.orgの 過去の将棋ビデオの試聴ページ にアクセスし、プラグインをインストール
  • (互換設定から www.archive.org を消す)
  • 管理者権限のcmd.exeから Regsvr32.exe AcqVPlayerX.ocx を実行し、プラグインを更新

Windows 8.1 64bit 版でも動きました

公式には非対応なんだけど、動いてしまった。↓ 試聴用ビデオのスクリーンショット。

20130107-shogivideo

将棋ビデオ公式の説明は正しいのだろうか?

将棋ビデオからの連絡メールでは、“正常に動画が再生されない障害が多発”ってあるけど、それは san.pod.tv サーバーが無くなっているのが原因だと思う。
このあたりをちゃんと把握しているのかなあ。他の sanstream 利用サイトでは特に障害云々には触れられていないし。

さて、現在当サービスの動画の再生に使用しているプレーヤー「ACQULIA」は、動作保証環境に制限があるため、ブラウザのアップデート等によって正常に動画が再生されない障害が多発しております。
そのため、今後は「ACQULIA」を使用しない新たなVODサービスの立ち上げを検討しており、2014年春のサービス提供開始を目処に準備を進めております。