NHK将棋フォーカスにて奇襲戦法特集(アマが喜ぶ B級戦法)

シェアする

録画してあったNHK将棋フォーカスを見ていたらB級戦法の特集があった。放送日は2017年2月19日(再放送は2月23日)。紹介されていた戦法は以下の3つ。

  • 角頭歩
  • 初手7八飛車
  • ポンポン桂(昭和・平成バージョン)

プロも指すとのことで、角頭歩は西川和宏六段、初手7八飛車は門倉啓太五段のインタビューもありました。

詳しい指し方と対策

これらの戦法を指したい場合は書籍が参考になります。角頭歩はメジャーなので多くの書籍に載っていますが、他はあまり見当たりません。

初手7八飛車は将棋世界付録にありましたが、Kindle版が無いので付録付の古本を探す必要があります。二手目3二飛車は2手目の革新 3二飛戦法など何冊かあるのですが。ネットでは「猫だまし戦法」という名称で掲載されていることが多いようです。

またポンポン桂平成版は指す側も対策側も書籍はないと思います。

なお、以前の奇襲戦法の回と同様に、この放送の内容はNHK将棋講座2017年2月号には含まれていないようです。NHKオンデマンドにもありません。

NHK将棋フォーカスで奇襲戦法特集(巧妙なワナ “ハメ手”特集)

最近、将棋初級者の方と対局したときに「居玉のまま左右の桂馬を跳ね、さらに端角を出る」という戦法に遭遇しました。居玉なので速度が早いし、普通に美濃に囲うと5筋が受からない。居飛車で受けたけど、展開的には不満でした。こういう戦法は名前もないし、どう対応したものか。