NHK将棋フォーカスで奇襲戦法特集(巧妙なワナ “ハメ手”特集)

シェアする

録画してあったNHK将棋フォーカスを見ていたらハメ手の特集があった。放送日は2016年8月7日。紹介されていた戦法は以下の3つ。

  • 鬼殺し戦法
  • 4四歩パックリ
  • ウキウキ飛車

戦法名について

「4四歩パックリ」は普通は「パックマン」と呼ばれている戦法。こちらを用いなかったのは何か理由があるのだろうか。ゲーム名称だからNHK的理由で伏せられたのか?

「ウキウキ飛車」は名称が定まっていない戦法だと思う。パワーアップ戦法塾 (NHK将棋シリーズ) では「浮き浮き飛車戦法」、奇襲大全では 「目くらまし一歩得作戦」となっている。

対処法について

鬼殺しは対策が定跡化されているし、4四歩パックリ(パックマン)は挑発に乗らなければ良い。しかしウキウキ飛車が困る。

NHK放送では相手が飛車を浮いた瞬間に向かい飛車にして良しということだが、実はこの後が難しいのよね、この戦法の対策は。

20160811-06

ウキウキ飛車については以前も記事を書いたことがある。結論としてはNHK同様向かい飛車に回って悪くないのだが、実戦では未だに困ることがある。
brainking.comの外人さんにこの戦法の使い手が居て、結構な頻度で当たるんだよなあ。ネット将棋でもこの戦法を使う人は多い(アヒルにしてくる人も多い)。

決定打となる対策がないから指す人もそれなりにいるのだろうけど、やっぱり対策欲しいよね。どこかに情報ないかなあ。

奇襲対策本が欲しい

なお、残念ながらこの放送の内容はNHK将棋講座2016年8月号には含まれていないようです。NHKオンデマンドにもない。

初心者ほど奇襲に悩むものなので、この手の情報は広めて欲しい。奇襲戦法本は奇襲する側の観点で書かれていて、奇襲される側の立場ではないし。

コメント

  1. 何でも三間飛車 より:

    三間党なら飛車浮いたタイミングで35歩と突けば、自然と3筋への飛車回りを防いでいるのでそこまで困った印象はないような?

    あと奇襲戦法の対策本なんて出しちゃダメですよ!
    用意されてたら奇襲ではなくなってしまう…(笑)