iPhoneオンライン対戦将棋(Boardz)で浮き飛車目くらまし戦法に遭遇

シェアする

以前 紹介した Boardzで、のんびり対局しているんですが、たまーに変わった戦法に遭遇します。

今回遭遇したのは、「浮き飛車目くらまし戦法」「変型タテ歩取り」等と呼ばれている戦法。こちらが後手番で、▲2六歩△3四歩▲8七歩!△4二飛▲2五歩△3三角▲2六飛!と指されて、左の局面でさあ困った。


この戦法、以前、天下一将棋会でも指されたことがあって、そのときは焦って応手を間違えて負けたような覚えがあります。飛車が六段目をうろうろして、隙あらば歩を只取りするという戦法。8六歩も8七銀の銀冠や、8五歩~8四飛なんてところも狙ってるのだと思います。いずれにせよ、ほっとくと7六歩を只で取られてしまうので、これを防がないといけません。無い知恵絞って△1五角と出ます。以下、▲3六飛△3二飛▲7六歩で、左の局面。


ここで角成を防ぐのは無理なので、△3五歩と突きました。飛車取りなので▲4六飛と逃げてくれたところで、さらに△3六歩。▲4三飛成や▲1一角成なら△3七歩成から△4七歩(3八歩)ぐらいでなんとかなるかなあ。


以下、▲1一角成△3七歩成▲同桂△同角成で なぜか先手が投了。▲4八銀や▲6八玉でいいような気もしますけどねえ。不思議。

さて、最初の局面で、本当はどう指すのが正しい応手なんでしょうか。
△2二飛から向かい飛車なのか、△3五歩なのか…

対策

その後いろいろ研究しましたので、対策を追記しておきます。

浮き飛車目くらまし戦法が載ってる棋書


リンク