第41回朝日アマ将棋名人戦沖縄大会に参加

沖縄の将棋大会

2016年11月5日に行われた第41回朝日アマ将棋名人戦沖縄大会に参加しました。
大会の全結果は沖縄将棋@支部連合会に掲載されています。

(大会会場は壺川のりゅうぎん健保会館)

大会の概要

朝日新聞社主催の将棋大会の沖縄県予選です。本大会の代表選抜戦上位2名が熊本で行われる南九州ブロック大会へ派遣されます。

詳細は「<お知らせ>第41回朝日アマ将棋名人戦、参加者募集:朝日新聞デジタル」を参照ください。

当日朝

会場には9時10分ごろ到着。まだ設営準備作業中だったので、机や椅子の移動をお手伝い。藤井効果もあって年々参加者が増えているので、大会運営も大変だと思います。
(開会の挨拶の中でも会場設営等を協力いただきたい、という話もありました)

今年の参加者は113名とのこと(【将棋大会の結果】朝日アマ名人戦)。運動会や尚巴志マラソンと重なった割には参加者は多かったと思う。

去年はC級16名D級13名だったのが、今年はC級25名、D級23名です。子供が増えたのと、C・D級にも大人が参加するようになったのが良い傾向です。

予選リーグ一回戦

後手。☗7六歩☖3四歩☗6六歩。角道を止めてもらったので☖35歩から三間飛車に組みます。相手の方は袖飛車で対抗する形に。与儀公園で何度か見かけた形です。

うまく捌いて馬を成り込んで一時期は優勢だったと思いますが、うまい受けで攻めを遅れさせられて負けてしまいました。

(☗4二香に☖4三歩あたりが不味かったような気がする)



これで0勝1敗。3人ブロックだったので自動的に不戦勝がついて1勝1敗になります。

予選リーグ三回戦

後手。相手の方が角道を開けずに駒組みしてきたので、角道オープン四間飛車の形にしました。先手が二枚銀を盛り上がってきて、浮いた飛車が詰まされて大ピンチ。なんとか角飛車交換から駒損しつつ攻め込んで勝ち。振り飛車っぽい勝ち方だったように思う。




2勝1敗で久しぶりに予選通過です。三段に上がったころは予選二連敗ばかりだったけど、少しは勝てるようになってきました。

決勝トーナメント1回戦

予選が長引いて昼食の時間がなかったので、そのまま決勝トーナメントに参加。

先手番。相手の方が居飛車持久戦模様だったので端の位を取って三間飛車藤井システムの形に。




終盤で相手の方から追い込みをかけられて☖4六歩とされた局面。☖4七歩成とされるとたぶん必至なので真剣に読んでました。そしたら……




相手の方から声かけられたのですよ。なんと私の時間が切れていました。時間切れのブザー音が聞こえないぐらい集中してたようです。

(思いっきり時間切れてます)



感想戦では☗5四角打が詰めろになっていて先手勝ちだとのことです。たしかにそうだ。コンピュータ解析は一段目に飛車打って13手詰みらしい。
いずれにせよ勝ちの局面で負けてしまうのはひどいですが、それだけ集中できてるのは上出来だと前向きに考えることにしよう……
(会場設営のお手伝いが軽い運動になって調子がよかったのかな、と後から考えています。会場に行くときに軽く散歩した方がいいのかもしれない)

決勝トーナメント1回戦敗退です。今回は人数少なかったので、勝てばベスト4だったんだよなー。ちょっと残念。

昼飯

朝、会場に来る途中で見かけて気になっていた店で昼食。近所の人気店「ぬーじぼんぼんZ」のラーメン屋さんらしいです。

(朝撮影した写真なのでまだ店が開いてない)



糸満にある宇那志豆腐店のゆし豆腐を使った中華そば。美味でした。

(宇那志ゆし豆腐そば)



以下は同行の方が頼んだメニュー。こちらも美味そうなので、年末大会・新春大会が楽しみ。

ワンタン麺



サイドメニューのぬーじボンボン名物黒カレーに煮玉子トッピング


戦い終えて

知り合いになった子供たちがどんどん昇級・昇段していくのが羨ましい。私は三段になってからは負けが多くて、四段になるのはかなりハードルが高いです。ここからモチベーションを保つのは結構大変。三段になると大会来なくなる人が多いというのも、わかるような気がします。

毎回、新規参加者が10人以上来るのですが、継続して参加する方はそれほど多くないようにも思います。対局二連敗でも楽しめるような仕掛けが何か必要かもしれません。

次の大会は?

次回は11月19日のおきなわこどもの国将棋大会です。こどもの国入場料がセットになっていて割安ですし、シルバー・女性の部もあります。

詳細は沖縄将棋新着情報にまとめて掲載しています。

沖縄の将棋大会

Posted by