「将棋女子イベント」開催しました

沖縄の将棋イベント

2018年9月2日(日)に那覇市安里のほしぞら公民館で日本将棋連盟琉球支部主催「将棋女子イベント」を開催しました。私は指導対局とフリー対局のお手伝い。いつもながら初心者に教えるのは難しいです。

本イベントにはなんと37名の参加がありました。ご来場ありがとうございました。

詳細については支部長のブログ記事「「将棋女子イベント」開催しました: ぷりうすの将棋」をご参照ください。

会場のほしぞら公民館。うふシーサーが目印



開催感想

支部長記事にもありますが、ネットだけでは広報が足りないのかなと感じることがあります。今回のイベントや、以前にお手伝いしたイベントでも「たまたまチラシを見かけた」「知人から聞いた」という話を聞きました。これは女性向けだけではなくて一般向け・子供向けも同様です。自治体等の将棋イベントも「気がついたら終わっていた」「新聞記事を見て開催されたことを知った」ことも多いです。ほとんどの方は、よっぽど興味や関心がなければわざわざ検索して探さないわけで、そのような層にいかに情報を伝えていくかは課題だと考えています。

来客層はガチ将棋女子からまったくの初心者まで。年齢も多彩。実は将棋需要って私の想像以上に多いのではないかと考えさせられました。性別限定、年齢限定など、イベントや大会に参加しやすくする仕組みは必要かもしれません。
(これは将棋男子も同様ですね。私も最初に将棋大会に参加したときには「俺なんかが出てもいいの?」って思いましたもの)

(会場からはモノレール牧志駅が見えました)


追記

当日は同じほしぞら公民館にてけん玉大会も開催されていました。こちらにも多くの子供が集まっていました。



実は子供の世界ではけん玉やコマ回しが流行っていて、あちこちで大会が行われています。学童などを通じて広まっているようで、将棋普及のヒントになりそうです。

掲載記事

開催の模様は9月3日(月)の琉球新報・沖縄タイムスに掲載されました。

沖縄の将棋イベント

Posted by