速度計算って大事だよねえ

シェアする


先手(私)四間飛車、相手が中飛車で始まった戦いだが、私が中飛車で対抗したら相手が向かい飛車に振ってきた。向かい飛車棒銀に玉頭を攻められたあとが この図。中盤の63手目なのだが、ここで玉頭の銀取りを放置して、と金を作りに行ってる。これはひどい。このあと守備陣崩壊。
このころは全然速度計算ができていない、というか速度計算知らない時代。


その後、150手目まで盤上を逃げ回ったあげくに、この開き王手を見逃して頓死。
こういうポカを減らさないと上にはいけないよなあ。

私は玉の周りが広いのが好きなので、こういう逃げ回る展開になることは多い。穴熊は窮屈な感じがする。