第二回与儀公園将棋大会に参加

シェアする

時々お邪魔して将棋を指している与儀公園将棋サークル主催の将棋大会に参加しました。

会場はもちろん与儀公園。12月の沖縄なので雨が気になりましたが、幸い天気も良く風も強くない絶好の将棋日和でした。

20161217-yogi-1

大会概要

初段以上と1級以下の2つに分かれたトーナメントです。負けたらそこでお終い。

前回は段位・級位の区分が無かったのですが、今回から分かれています。運営は大変だと思うけど、将棋人口を増やすためには良い試みだと思います。

当日朝

少し早めに行こうと思ったら意外に時間を喰ってギリギリに到着。公園内にイベント用テントが建っていたので「こんなに立派なテントを準備したのか?」と思ったら違っていました。

昼間に与儀公園に来ることは少ないので知らなかったのですが、与儀公園でも時々炊き出しがあるようです。

20161217-yogi-2

大会参加者は段位者13名、級位者13名。意外に級位者が多かったです。私の行く時間帯は段位者ばかりなのですが、昼間は級位者も多いのかもしれません、
焼き鳥屋面子からは私も含めて2名参加。年末のこの時期はみんな忙しいのよね。

20161217-yogi-3

手作りの盤も混ざっていました


1回戦

先後忘れてしまいました。四間飛車対棒銀。相手の方の駒組みが見慣れない形。銀冠を組んだ後、玉頭に嫌味を付けます。

20161217-01-1

上記局面までは良かったと思います。その後ミスが出て銀冠大崩壊。二枚飛車で責められ、合い駒に角を打つ土下座局面まで追い込まれました。
そこから怪しい粘りで玉を上段に逃がし、終盤は相手の方のミスに助けられて勝ち。

20161217-01-2

中段玉の逃げ方や手数の稼ぎ方は、駒落ち上手を持つようになって上手くなったと思う。でもあの銀冠が崩壊するのは我ながらひどい。

2回戦

与儀公園で何度も対局したことがある方(右四間飛車にボコボコに負けてきた)。今回も右四間飛車に組まれました。私が先手だったと思う。かなり分の悪い相手です。

今回も右四間から攻め込まれて美濃囲い崩壊。攻めを受け切ろうと、なけなしの金を4五に打ち込みました。

20161217-02-2

打ってから気がついたのですが、これ、4三龍からの詰めろになっています。「気づくな、気づくな」と念力を送っていたら、3五金と打ってきました。

素早く4三龍。同玉に取った金を4四に打って勝ち。仮に玉が逃げても角が良く利いていて詰みます。

これ、打つ前に詰めろが分かっていたら相手の方にも伝わって正しく受けられたんだろうなあ。3五銀打とか。そうなっていたら勝てなかったように思います。

3回線

先手。相手は四段の方。シードされています。

天敵の中飛車左穴熊のようでした。「ようでした」と言うのは、穴熊に組まれる前に端から攻めたので結局穴熊にならなかったから。攻めた判断は悪くなかったと思いますが、中盤に得意のうっかりがでて飛車損。さすがに負けました。

あまりの負け方に写真を撮り忘れたので局面図なしです。うっかりが出る前はそれほど悪くなかったと思うので、ちょっと残念。

結局2勝1敗。最近、大会では負けてばかりなので勝てると嬉しいです。

戦い終えて

同行の方は1回戦負け。相手の方が長考派でリズムが狂ったのかもしれない (この大会はチェスクロックなしです)。

対局後は忘年会があるとのことでしたが、そちらには参加せずにいつもの焼き鳥屋で定例会。

今後の大会など

与儀公園将棋サークル世話役の方によると2017年6月に第三回大会をやりたいとのことでした。日程等正式な発表があればこちらで紹介します。
(カラオケ大会の話も聞いたような気がしますが詳細忘れました)

1月8日(日)には第7回琉球銀行杯新春将棋大会があります。参加費無料なのに賞品も出るし、プロ棋士の指導対局もある豪華大会です。参加人数も多く、激戦が予想されます。